Food 食に関する情報。レストラン案内など取り上げます。

レストランのアイスティーに要注意!

アメリカのレストランでは決まってアイスティーが1年中出されています。 水よりも飲みやすいのでしょうか? 私もこれまでランチでレストランを利用する時には大抵アイスティーを注文していましたが、 この話を聞いてから止めることにしました。  それは命に別状はないのですが、不衛生な店もまれにあるということです。 なぜかというと、アイスティーを作るマシンなり容器を毎日のように洗浄しないと 紅茶のかすが溜まってヘドロのようになっていくのです。 これがひどい店になると1ヶ月に1回も洗浄しないとのこと。 これは大抵の場合サーバーの仕事になっています。 彼らがお金に関係のないことをマメにやるとは考え難い訳です。 知り合いのウェイターに訊いたところ1週間に1回程度しかやっていないそうです。  彼自身が自分の店のアイスティーは飲まないと言っているのですから、ましてや他のアメリカレストランのアイスティーなんて信頼できたものではありません。 日本レストランの皆さんもぜひお気をつけください。 確かに以前にウェイターをしていたときにも、そのレストランでパイプの中にヘドロが溜まっていてそれをブリーチで落としたことがあります。

広辞梅
梅酒と健康

  梅酒のトップブランド「チョーヤ」が提供する梅酒と健康のための広辞梅です。
あ行「アルカリ性食品」alkaloid food 酸っぱいけれど、梅は立派なアルカリ性食品ですぞ。 梅はとても酸っぱい食べ物です。これは酸度が高いから。 では、梅は酸性の食品かといえば、その逆でレモンと同じアルカリ性の食品です。 食品がアルカリ性か酸性かを判断するには、その食品を灰にしてみて、アルカリ性のミネラルが多ければアルカリ性、酸性のミネラルが多ければ酸性と区分されます。 梅はカリウム、マグネシウム、ナトリウム、鉄分、カルシウムなどアルカリ性のミネラルを豊富に含んでいる上に、アルカリ性のミネラルと酸性ミネラルの含有比率は5:1と圧倒的にアルカリ性ミネラルが多いのです。梅は酸っぱいけれど、強力なアルカリ性食品というわけですね。しかも、このアルカリ性ミネラルが健康維持にとても大切な役割を担っているのです。たんぱく質や脂肪のように血や肉になったり、またエネルギー源に変化したりはしませんが、体のさまざまな機能をスムーズに動かせるのに欠かせません。そもそも、健康な人間の体は、弱アルカリ性になっていて、酸性に傾くとイライラしたり、頭痛やめまいがしたり、疲れやすくなってしまいます。体を酸性にしないために、たとえば100gの牛肉を食べたら、60gの人参か大豆粒ほどの梅干を食べる。梅にはアルカリ性ミネラルが豊富に含まれているという証拠です。

モトさんのケーキはここで注文できる
JoliKobeに在籍していたときには多くのお菓子ファンを抱えていたケーキ職人のモトさん。 消息不明と思いきや、Alpharettaにお店を構え頑張っています。 場所は10875 JonesBridgeRd.、(StateBridgeRd.との交差点からすぐ)、店の名前は[Le Saint Michel Cafe]と言います。 アトランタに住んでいても甘さを抑えた日本の洋菓子をぜひどうぞ。 お問い合わせは678―366―8877です。

Atlanta TOP  HOME



このサイトに掲載の文章・写真の 無断転載を禁じます。
Copyright(C) 1999-2011 mimiyori.com All photographs are assumed to be in eminent domain. If ther are any questions, please contact the webmaster.